今回は新型マドンについてです。
 

ツールでデビューした新型マドンですが、今回フルモデルチェンジしました。
 
フレーム形状についてはTTバイクのスピードコンセプト同様KVFチューブを採用し、エアロフレームになりました。
 
時速40kmで走行時に従来のマドンより25W軽減し、軽量化も果たしてます
 
 

特にヘッド周りはかなりのボリュームです。
 
 

ブレーキも見直され、リアのブレーキはBB下へ移動。
軽量化と快適性までアップしてます。
 
ちなみに実物はかなりスッキリで、スマートです。
 

フロントのブレーキも形状を見直し、エアロを追及してます。
 

前からも横からもスッキリしてます。
 

このフレーム形状はマドンの7シリーズから5シリーズまで採用しており、6と7シリーズは、自分流にカスタムできるプロジェクトワンになっております。
 
会場にはプロジェクトワンを使った個性的なバイクもありました。