5/12 AM9時
 

総勢8名にて出発前の集合写真を撮り、先月の輪行ライドに続き今日も天気は絶好調!
 
風も穏やかで、国道322号線から、交通量の少ない草野線に上がりゆっくりとしたペースで1時間20分程度で田主丸近辺に入りました。
 
当初、目的地をガーデン焼肉ランチにしていましたが、諸事情により巨砲ワイン醸造所の中のレストランに変更。
 
到着が早く、まだランチタイムまで時間があったため、隣の紅乙女酒造でちょっと一休みしていると…
 

男性スタッフの方が声をかけてこられ、「天然水の冷えたお水が中にあるよ」とありがたいお誘いがあり、
そのお水をいただいていると、
 
「お客さんもほとんどおられないから、普段見れないところを案内してあげましょうか?」
 
という、酒好きの私(岩田)にはたまらないご提案(笑)
 

さらに、此処の創業者のお嬢様が別荘として使われていた築400年の古民家を移築した「水縄茶寮」でお食事はどうですか? 
とのご提案もいただきました。
 
当初行く予定だったレストランも予約していたわけではありませんのでしたので、これもご縁ということでお願いすることに。
 
12時から団体の予約が入っているとのことでしたが、無理やり(?)私たちを入れてくださいまして超ラッキー!
 
場所も決まりましたのでランチまでの間はは蒸留所見学です。
 

今回お世話になった村井さんと長寿蔵という熟成蔵の内部
 

蔵の中はひんやりとして300個以上の樽と数十個の瓶が騒然と並び、中には昭和時代に生産熟成された(祥酎)も熟成中とのことでした。
 
ちなみに一昔前、甲類焼酎で鼻が赤くなった人を酒焼けというところから「焼酎」の焼が当てはめられたため印象がよくないことから「祥酎」とのことでした。
 
村井さんよりいろんなお話を聞きながら、さながら大人の社会科見学のような雰囲気で、

後編へと続く・・・