ボントレガーのUSB充電式ライトが入荷しました。
 
その名も「Ion700」
 
見た目より重量があって質感も高いのですが…
 
 
お値段はなんと税込み定価¥12,900(!)
 
 
そこらで売っているママチャリより高い!
 
 
このライトはなんと最大700ルーメンという最強の明るさです。
 
200ルーメンでもかなり明るいのですが…
 
 

明るい部類に入るowleyeのハイラックス30(150ルーメン)と並べて点灯させてみましたが、ご覧の通り。
 
Ion700の光が写真に写るようにカメラの設定を合わせたら、ハイラックス30がまるで電池切れのように写ってしまいました…
(撮影したのは蛍光灯が明々と点いた店内です)
 
常時700ルーメンというわけではなく、450、250、点滅と場所に合わせて切り替えることができます。
700ルーメンだと1時間ちょっとしか持たないらしいです。
 
これからどんどん陽が短くなり、夜明けも遅くなります。
通勤や早朝練、またはブルベなどで街灯の少ない道を走る事の多い方には強い味方になってくれるのではないでしょうか?
 
 
ただし、あまりに明るいのでライトを直接人の顔に当てたりしないように…ホントに危険です。
 
また、取り付けが上向き気味だと対向車の迷惑になるレベルですのでご注意下さい。