カトウによる全日本選手権レポートです。
 
**********
  
2016年6月24日に伊豆大島で開催された全日本選手権に出場してきました!
今年もタイムトライアルのみエントリーです。

 
伊豆大島へは東京の竹芝よりジェット船に乗り2時間ほど
フェリーだと倍の時間かかります。
  
レース前日の昼前に現地入り。
到着時は雨が降っていましたが、午後から天気が回復したので、自転車を組み立て試走へ
 

コースは海岸線に面した道を使い、約11kmを周回するコース。
 
途中に小さな上りが3ヶ所、同じ道を往復してくるので計6ヶ所あり、
ブレーキングが必要なコーナーは折り返し部分の2ヶ所。
 
遮るものが無かったので、風の影響を受けやすいコースという印象を受けました。
 
レース当日
 
出走者は合計34名
 
それを2つのグループに分けられ、私は第1グループ(計23名)19番目スタートの13時24分出走でした。
 
アップなどは2時間前から始め、30分前にスタート地点へ。
ジェルなどはスタート1時間半前から30分おきに摂るようにしました。
 

そして定刻になりスタート!
 
●1周目
昨年の反省から、序盤は飛ばし過ぎないようにと意識するも、緊張からキツイのかキツくないのかわからない状態
そしてコースの折り返し(5.5km地点)で、感覚が戻りオーバーペースであるとを感じます。
その後は力を抜くようにと自分に言い聞かせながら走り1周目を終えました。
 
●2周目
スタート/フィニッシュ地点での折り返しで自分の30秒前と30秒後にスタートした選手との差を確認。
 
どちらも縮まっていました。
30秒後にスタートした選手に追いつかれてしまうと自分の順位が1つ落ちてしまうことが確定なので、前よりも後ろが気になります。
 
なんとか差を広げたいところですが、1周目のオーバーペースもありペースは上げられず、ただ出力を一定に保って走るのみ。
 
2周目の1/3あたりで前走者を抜くことができました。
 
「よし、これでこの選手より順位は上になった!」
 
と思ったところで、自分の後方を走っていたバイクが前にきて、「左に寄れ」の指示
 
まさか・・・と思った矢先、30秒後にスタートした選手に抜かれました…
 
これでプラスマイナスゼロ
 
2周目1/2(折り返し)を過ぎ、自分を抜いた選手との差は約10秒弱
 
そこまで大きく差を広げられることなくしばらく走っていると、平坦区間では若干離されますが上り区間では差が縮まることに気づきました。
 
そして2周目が終了
 
●3周目
それを意識しながら平坦は離されないように粘り、ペース配分していると、意外に上手くいって3周目1/2(折り返し)で追いつきました。
このまま抜こうと思いダンシングすると、ハムストリングが攣ってしまいペースダウン
差が5秒ほどできてしまいました。
その後は再度攣らないように走ったため、差は縮められずゴールを迎えました。
 

 
 

リザルト18位 タイム47分10秒45
 
翌年の大会の出場資格圏内(20位以内)には入りましたが、昨年より順位が落ちてしまったのが残念でした。
 
また来年に向けて頑張ります!
 
応援していただいた皆様ありがとうございました。

 
バイク:ANCHOR RT9
ウェア:Champion System RACE SUIT
ソックス:FOOTMAX ROADBIKE RACING MODEL
ヘルメット:LAS CRONOMETRO
シューズ:LINTAMAN ADJUST ROAD PRO