2014年5月25日(日)
 
耳納連山を舞台としたヒルクライムシリーズ開幕戦が開催されました。
 

 
 

受付会場では参加者とスタッフで清掃活動を行います。 
 

NPO法人育てよう未来のオリンピックメダリストよりメカニックのサービス提供で選手をサポートしています。今回も調整はもちろん、スペアホイールの貸し出しもあり大変好評でした。
 
 

スタート地点に移動して、ウェーブスタート(一定の時間を空けて一人ずつスタート)
 

 

スプリントとは違った静かな熱戦が繰り広げられます。
 

レースはチャレンジクラス(辛さを楽しむ)とコンペティションクラス(速さにこだわる)の2つのカテゴリーが有り、
 

チャレンジクラスは深堀選手が優勝、2位は2秒差で相園選手、3位山浦選手でした。
3位までは30秒以内という接戦でした。
 
 

コンペティションクラスは久々に参加された喜多村選手が優勝、初参加の山本選手が2位、肉体改造した広津選手が自己ベストで3位という結果となりました。
 
 

チャレンジ来月の招待じゃんけん大会は廣津選手がGET!
 
ゴール後に飲む冷えたコーラを味わい、集合写真を撮り解散となりました。