2014年9月21日に福岡県添田町の英彦山で開催されたヒルクライムレースに
出場した花田によるレポートです。【長文です!】
※花田レポートは初めてかも?
 
 
英彦山ヒルクライムは今年で24回目となる歴史のあるレースであり、
毎年多くの参加者が全国から集まる九州でも人気の大会です。

大会公式HP→

以下レポートです。↓
 

6:30出発
レース直前に飲むサプリメントや書類など必要最低限なものだけ持ち自走で会場へ向かいます
自宅から40kmほどなのでアップもかねて。行きしなにおにぎりと饅頭をひとつずつ食べます。
 
8:30会場到着
受付を済ませ荷物を預けます。
スタート一時間前となったので持ってきたサプリメントを飲み、
緊張をほぐすためその辺をタラタラ走ります。
 
9:00開会式
今回初参加なので説明はしっかり聞きました。
スタート位置へ向かう途中トイレに行きたくなりましたがもう遅いです。

9:30スタート位置整列
私たち20代クラスと招待選手の競輪選手2名はスタート第一号でした。
この2名はちょうど自分のとなりに並んでいたので、なんとか必死に着いていく作戦で。
緊張感が高まる中、グローブが必要か否かを真剣に考えていました
 
9:40スタート
ピストルの音とともにスタートします。はじめの1kmは道が狭いためトラブルが無いよう慎重に走り、ただし先頭の白バイはしっかり見据えます。
 
今日の目標は20代クラスで優勝することと、可能であれば40分を切ることです。
ペースが速いから…ではなく、緊張から呼吸が安定しません。走りながら整えます。

この英彦山のコースは5km登り、5km下り+平坦、最後に6km登りの全16kmで獲得標高は約800mです。途中の平坦路まで集団で動き体力を温存しつつ、最後の登りで勝負となりそうです。
 
3km過ぎた地点で集団が落ち着き、ペースも上がらないため我慢しきれず先頭に出てしまいました。
仕方がないのでそのまま引きます。集団は見る見る減っていき、最初の戸立峠は自分を含め2名で通過しました。
タイムは11分前後だったかと思います。
 
そのまま2人で平坦路も走り、最後の登りが始まった辺りで自分一人となりました。
後ろから誰かが飛んできたときのために脚を残しつつ、集中力を切らさないように走ります。
 
 

ラスト1kmあたりで40分切れるかきわどいところでしたが、沿道の皆さんの応援で最後の力を振り絞れました。
 
ゴール手前で明らかに私に向かって発せられたと思しき声援が聴こえました。
 
 
「加藤くーん!」
 
 
あ…ありがとうございます。
 

僕は花田です。
 
 
次回からは「花田くーん!ステキー!」でお願いします。
(加藤は現在休職中のイワイスタッフであり、前回、前々回の20代クラスチャンピオンです。)

 
そのままゴールテープを切ります。
 
これは最初にスタートする20代クラスの特権でしょうか。
ジャージのジッパーを閉めておけば良かった…

 

結果は39分20秒で20代クラスでは優勝、総合でも3位という出来過ぎな結果でした。
次回もしチャンスがあれば、今度は総合優勝を狙いたいと思います。
 
 
使用機材
フレーム:CANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD
コンポーネント:SHIMANO 7900 DURA-ACE
ホイール:MAVIC R-SYS SLR チューブラー
タイヤ:VEROFLEX EXTREME
ペダル:LOOK KEO BLADE CARBON
総重量:6.45kg

 
英彦山サイクルタイムトライアルは初心者でも参加のしやすい大会だと感じました。
自分も今回初参加でしたが、運営のスタッフの方々が大変親切にして頂いたおかげで非常に楽しく走ることができました。

英彦山だけでなく、様々なイベントや大会の案内もできるかと思いますので興味のある方はぜひショップまでお越しください。
 
一緒にステップアップしていきましょう!長々と失礼致しました!
 
 

コース上には応援メッセージが書かれています、自転車レースっぽくっていいですね!