イワイのスタッフであり「液晶テレビハンター」の異名を取るカトウによる、
2013年9月22日(日)に開催された英彦山サイクルタイムトライアル大会レポートです。
*** 
 
当日は睡眠不足と久しぶりの車の運転による緊張で頭痛がひどかったです。
 
昨年の自分よりも速いタイムをと思っていましたがこれでは無理だと感じました。
 
スタート位置は先着順でしたが、焦らず真ん中あたりに整列。
 
そして9時40分にレーススタート。
 
とりあえず先頭に出てぼちぼち走ります。
 
1.5kmあたりで後ろを見ると結構な人数残っていました。
 
もっと絞れている予定だっただけに、早くも心が折れます。
 
先頭を引くのも辛くなってきたので一旦番手を下げます。
 
しばらくおとなしくしていましたが、自分にとってはペースが遅かったため、
仕方なく先頭に出てペースアップします。
 
 
しかし先頭を替わってもらうと遅くなってしまいます。
それを繰り返して集団は自分を含め6名に絞れ、最初の峠を越えます。
去年は下りでアタックしましたが、今回はその余裕はなかったです。
 
下りの後は緩い勾配がしばらく続くので集団で走ります。
向かい風が吹いていることもあり、誰も先頭を引きたがらないので、
微妙なペースで進みます。
 
ローテーションしてはいるんですが、先頭に出た人が自分のペースに
しようとしてスピードが上がったり下がったりします。
 
なるべくイイタイムを出したかったので、長めに先頭を引きます。
残り6kmまで6人のままで進みました。
 
かなり先頭を引いたにもかかわらず、人数が減らないと精神的につらくなります。
 
しかし、つらいのは皆同じだと思うようにして自分のペースで先頭で走り続けます。
 
すると一人…また一人と脱落していきます。
 
残り3kmでようやくすべての切り離しに成功。
 
 
あとはお待ちかねの白バイとの勝負です!
 

※参考画像
 
白バイを煽りながら(嘘)、ペダルを回します…
 
 
 
残り2kmの標識がなかなか見つかりません。
 
「1kmってこんなに長かったか?」
 
 

と思いながら走っているうちに残り1kmになりました。
後続が来ないか後ろを何度も確認して走ります。
残り300mで下ハンに持ち替え最後の一踏ん張りします。
 
しかし最後のコーナー手前で体全体が冷たくなり大失速orz
 
とりあえずジャージのジップを上げ両手を上げてゴール。
 
 

結果は38分45秒でクラス優勝(全体では2位)でした。
 
去年のタイムより遅いのは走っていてわかりましたが、
最低目標の優勝は達成できたのでよかったです。
 
 
応援していただいた皆様ありがとうございました。
 
 
また我が家に液晶テレビが増えました。(←カトウ本人が書いたものではありません・笑)