イワイスポーツサイクル加藤です。
 
先日行われた英彦山サイクルタイムトライアルに出場して参りました。
 
距離15.1km獲得標高800mで争われる伝統あるヒルクライムレースです。
 
同じクラスにはツールド北海道をプロと一緒に走った選手(大学生)や、自分よりもはるかにイイ自転車に乗っている選手がいてスタート前から優勝は無理だろうなと思っていました。
 
 
9時40分にレースはスタート。
 
スタートと同時に競輪選手5名がペースを上げていき、ところどころ中切れが発生。私は集団後方からのスタートでしたが、なんとか追いつけました。
 
1kmほどいったところでペースが落ち着くものの、ここで今回2位/3位になった選手がペースをあげていきました。
 
少し集団と差が開きましたが、ほどなくして吸収。
 
 
そこからもその2名がペースを作っていき、集団は10名程度に縮小。
 
自分もローテに入り3人で回します。
 
下りに入る前で自分が少し長めに引いて後ろに下がると、集団は自分を含めローテしていた3人だけになっていました。
 
 
下りに入ったところでアタックしてみました。
 
 
下りでアタックしたのは登りで一杯一杯な人をふるい落とせるのと、下りだからと油断する場合が多いから。
 
 
しかし2人ともしっかりついてきます。
 
そこからは3人で順調に回していき、勾配がきつくなり始める残り6kmあたりまでいきます。
 
そして勾配がきつくなり始めたところで1人脱落、私ともう1人の一騎打ちとなります。
 
互いに均等に先頭を引くものの、残り5km過ぎたあたりで私が交代の合図をだしても出てこなくなりました。
 
後ろを振り向くと姿が見えなくなっていました。
 
 
もう後は先導車の白バイとの勝負です。
 
 
むこうはコーナーでこっちの姿は一瞬見えなくなるはずなので、コーナーで一気にペースをあげて油断しているところを抜くしかありません。
 
 
 
まあ冗談はさておき、あとは自分との勝負です。
 
 
一切コースを知らなかったので残り距離の標識を見るたびにショックを受けました。
 
やっとのことで残り1kmまできたのでそろそろゴール前のポーズを考えなくてはと思い、プロ選手のゴール姿をアレコレ思い出している間にゴールがきてしまい無難なポーズでゴールしてしまいました。
 
↓↓↓
 

 
 
所要時間37分27秒。
 
 
しかし、絶対優勝できないと思っていたにも関わらず優勝することができたのでよかったです。
 
 
ちなみに今回一度もインナーは使わずに登りきりました。
 
 
ゴール後は大会関係者の方とお話していて話の中で
 
優勝の副賞は
 
 
40インチのテレビ
 
 
と言われ車で持って帰れるか心配していましたが、
 
 
 
気を使っていただいたのか表彰式で頂いたものは24インチでした。
 
 
※冗談です、ありがとうございます。 
 
 
 

クラス優勝しましたが、総合では7秒差で2位となりました。
 
 
クラスで優勝できたのも毎週土日にしている朝練のおかげだと思います。
 
 
本格的に強くなりたいという方は是非朝練にご参加ください。
 

  
 
今回の機材データです。
 

 
フレーム dedacciai strada scuro rs
ホイール MAVIC R-sys SLR tu
タイヤ  MAVIC griplink tu
コンポ  ULTEGRA
ペダル  DURA-ACE(7900)
ハンドル PRO VIBE7s
ステム  PRO VIBE7s
サドル  selle SMP composit
重量   7.0kg
 
 
 
お店で沢山の方々から祝福の言葉をいただきました、ありがとうございます。