こんにちは、ムッシュ松本です。
フランスレポート2日目。
 
フランス・パリに到着した私ですが、肝心のツールご一行はベルギー辺りを走っている日でしたので翌日は丸一日観光することにしました。
 

 
まずはフランス版の新幹線TGV(テジェヴェ)に乗ってレンヌ駅へ。
日本の新幹線と最高速を競っているようですね…
 
 

車窓から見る景色も日本とは違います。 
まさにリアル落穂拾い、リアル世界の車窓からです(笑)
 
 

降りたとこには日本でも知られたヨーロッパカーの車が!
なんてことはないレンタかーなんですけどね…
 

それからバスに揺られ、移動で片道4時間程掛けて目的地へ到着です。
 
はい、「フランスの金閣寺」と呼ばれる(?)定番観光スポット

 

モン・サン=ミシェルです。
 
 

 
 
ここは世界的に有名な観光地ではありますが、去年の第100回のツール・ド・フランスで個人タイムトライアルのコースにもなりました。
ステージ優勝者はトニー・マルティンで2位がクリス・フルームでしたね。
 
 

写真では伝わりにくいのですが、このルートは凄い強風が常に吹いてるようで、バスが揺れるくらいでした!

この風の中をTTバイクで50km/h以上で走り続ける選手達は人間とは思えません・・・
私は徒歩で完走しました(笑)
 
 

ご褒美に名物料理のオムレツ(!)を頂きました。
 
ボリュームがヨーロピアンサイズです!
 
明日はいよいよツールを観ますよ〜!
 
おまけ
 
 
パリ市内で、懐かしいロゴを見つけました。
 

ケス・デパーニュ!(今はモビスター・チームになってます)
 

つづく